« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

鳥の好きな先生

週末も冷たい吹雪になりました。スノーシューの講座は当日6名のかたがキャンセルされましたが、それでもあの天気の中、7名の方が参加されたようです。昨日、写真をみせてもらったのですが、先頭は20歩ずつ、交代で歩かれたのだそうです。

還暦お祝いの色紙画は、まだ土曜日は終わらなくて、1日続けてしまいました(^-^;
部屋に1日いると、窓のほうへ体が向いているので、つるうめもどきやモチノキの実をたべに、何回も鳥がやってくるのがみえます。
雪が積もって以来、ヒヨドリがこの頃毎日毎日やってきていたので(そしてうるさい)、つるうめもどきはすっかり食べ尽くされてしまいました。モチノキの実は、まだ赤い実もたくさん残ってはいますが、ヒヨドリが枝にとまって食べることができる位置にあるものは、だいたい自分で食べてしまった模様です。。。ばさばさと2、3羽やってきて、追い払いあったり、あっちへとんでいったりこっちへとんでいったり窓の外を何度も横切っています。。

外でチィチィ騒がしくなったと思ったら、シジュウカラやメジロが何羽もやってきていて、ヒヨドリは山の方へ逃げていきました(逃げるときもやかましい)。メジロは小さいので、大きな鳥が食べられずに残していったような、先のほうにさがってついているような実も、横向きにつかまったり逆さまにつかまったりしながら器用に食べていました。

窓辺に寄っていると、壁の隙間?から冷たい風が顔にあたったので、本当に家はすきま風がはいってきているんだと気がつきました(^-^;

色紙画は日曜の当日の朝に、なんとか持っていくことができて、ほっとしました。


診療所の先生が十数年に渡り地域医療への思いなどを綴られたものを、今度「まちあい室」という小冊子にされるのだそうです。保健師をやっている私の母繋がりで、表紙のイラストをかかせていただくことになりました。私は、診療所の先生は、インフルエンザの予防注射のときに二言三言少しお話したことがあるだけだったのですが、鳥をみるのがとても好きな先生で、先日、診療所へ行ったら、鳥や花の写真をあれやこれやいろいろみせてくださいました。雲の写真や、町からみた琴引山の写真、雪化粧した来島ダムの写真などもありました。

来島ダムは子供の頃、キャンプでいくことがありましたが、橋が架かっていて、歩くとゆらゆら揺れて少し怖かったのを今でも覚えています。私は色紙画の中に、ダムとこの橋をかいているのですが子供の頃以来、ダムへはいったことがありません。今はどうなっているのか…母からきいた話ではブラックバスが大繁殖しているとか。。。??先生が鳥をみに来島ダムへも行かれるということも、以前母からきいたことがありましたが、こんな風に色々写真もとられていたんだなあと思いました。雪化粧した来島ダムの写真は、水面に白く島が浮かび上がったようにもみえて、不思議でした。こんな風にみえるところがあるんだなあと驚きました。

可笑しかったのは、春に大万木山へ上られたときに、途中でアカショウビンの声がきこえてきて、その日は姿をみることができなかったそうなのですが、姿をみたくて翌日にまたひとりで上られた話でした。その日は声もきこえなくて帰ろうとしたときに、目の前を横切ったのだそうです。とても驚いて感激されたそうです。

「まちあい室」の中には、そんな風な日々の暮らしの中での鳥との出会いのことや、診療所の中庭へやってくる鳥のことを書かれたページもあるようであります。

|

2008年2月15日 (金)

スノーシュー歩き

連休明けからまた飯南町も雪に埋もれてしまいました。道路もつるつるで、運転もどきどきします(^-^;

私のバイト先では、明日はスノーシュー(かんじきの西洋版みたいなもので、雪に埋まらずに歩けるようです)を履いて県民の森を歩く講座がありますが、県民の森では1メートルくらい雪が積もっているそうで、私の隣の席の現場スタッフのかたは、毎日除雪に通っておられます。(私が通っている事務所は街中にあるので、そこまでは積もっていません)今は県民の森ではスノーシューを履いてもひざくらいまで沈んでしまうそうです・・・私の隣のかたは、体もかなり大きなかたなので、太ももくらいまで沈まれるそうで、後の人が歩きやすいように明日は先頭を歩かれるそうです。

私は色紙の絵がまだ終わっていないので、明日はお手伝いにいきませんが、現場スタッフのかたは今日、豚汁の準備などをされました。私は家のハウス畑に大根がたくさんあるので、1本使ってもらおうと今朝もっていきました。人の太もものような大きくなりすぎた大根もごろごろとあったのですが、いやにまっすぐで綺麗な大根を今朝お父さんがとってきたので、可笑しかったです。

080213 大根といえば、親戚のおばさんが、家の大根で切干大根を作ってくださいました。天日ではないですが、ストーブの前で1日干されたもので(灯油代はかかってしまいますが)毎年、家で大根を食べきれなくて畑に埋まったままになったりもったいないなあと思ってしまうことも多かったのですが、あの大きかった大根が半分になるから驚きでありました・・・!おばさんは、よく色々作って家にくださるのですが、この前はらっきょう漬けとこんにゃくをくださいました。ピリ辛味がお好きなのですが、うちの父さんが辛いものが食べられないので、家用には唐辛子のきいてないこんにゃくをくださいます。

|

2008年2月 3日 (日)

手作りケチャップ

昨日からまた雪が降り始めていましたが、今日になったら日差しが・・・この頃は雪が降っては解け降っては解け・・という日が続いています。

080201 親戚の人からいただいた手作りケチャップです。少しざらっとしたピューレみたいな感じですがおいしいです・・・!酢豚を作ってみましたが、親にもなかなか好評でありました。

大変だったのは蓋がなかなか開かなかったことです。私はもうだめだと思ってお父さんに頼みましたが、お父さんもかなりてこずっていました。あたためたりいろいろしてましたが、最後には外にもっていって(何で開けるつもりだったのか・・)また開かないまま持って帰ってきました。もうあきらめようとしたところでぱかっと蓋があき安堵しました。

雪が降るなか、実を食べにヒヨドリがせっせとやってきます。騒がしく鳴いては食べ糞をしています。根元には糞に混ざって種がいっぱい落ちています。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »