« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

明日はソラマドの家をみに、岡山へいってきます。

イメージに少し時間がかかっている自分がいて…
こんな雰囲気をかきたいというものが、自分の中にも
あるのですが、何かうまく、ぴたっときまってくれないというか…

考え過ぎているのかも・・・

・・・そんなわけで、明日は頭を空にしていこうと思います*


****************

8月号のふれあい雲南は、
龍頭が滝のことを描きました。

120825

昼間の残暑はまだ厳しいですが、
空はなんとなく、秋めいてきたような…


先週は、アルバイト先で木の葉っぱのスキャンをしました。
霧吹きをして保存すると次の日もまだしおれてなかったのですが
その日のうちの方が新鮮な雰囲気のようです。

名前のわからないのも、いくつもありました。
名前がわからないとき職員さんにすすめられた本は
「葉でわかる樹木」(信濃毎日新聞)という本です。
すごくたくさん載っていました。

車で集めにいったので、あまり長いこと
歩けませんでしたが、アブもぶんぶんとんでいましたが、
だんだん高いところへいくと空気がすこぶる爽やかでした…
はやくまた山登りにいきたいです*

とりにいったのは木の葉っぱだけだったのですが、
林の縁でふしぐろ仙翁や、ホトトギスの花をみました。
草あじさいが今はとても多かったです。

しかし、7月の大雨で被害のあった道も
通りましたが、山から大水が流れ出たあとが
荒々しく、残っていました。


今年は、スズメバチの巣も多いみたいで、
すでに3カ所、作られてるみたいです^^;
来週、夜になってから、駆除にいかれます。

120825b
こども読書県しまねで乳幼児向けの取組みに
使っていただいてる、女の子と猫です。

絵本の貸出箱にも少し使われるそうです。

|

2012年8月16日 (木)

グリム

今日は少しの間でしたが、外が突然嵐のようになりました。

夕方はアブや蚊がすごく、昼の暑いときにお墓参りにいこうとしてたのですが
外がすごい雨になってしまいました。


グリム童話を使ったお話のフライヤーの絵は、
少し考え直すことにしてからが時間がかかって、
仕上げがお盆の間となってしまいました。

昨日出来上がって、送り出しにいってきたのですが、道路も車が多かったです。

お盆の時期は道路も混んでいるので荷物は遅延することもあるらしかったので心配でしたが、今日着いたようです。よかった・・・


このたびの絵は、最初のイメージがなかなか自分の中で
しっかり固まりきってなかったみたいで、考え直すことにしてからも、
なかなかペンがいれられないままのときが少し続きました。

実際は違った絵になりましたが、最初に考えたラフ描きのグリム兄弟です。

120816

グリム兄弟のイメージはなかなか自分でもわからず、
ハーナウにあるというグリム兄弟の像から描きました。

紹介されているグリム兄弟をみるともっと骨張った雰囲気でしょうか…^^;
私が描くところころした雰囲気の人になります…

「ドイツメルヘン街道夢街道」に像についてのエピソードが
紹介されていたのですが、
実際は、コンペで3位だったものが採用されたそうです。
1位と2位はなぜ駄目だったのか、わかりませんが…
(コンペを勝ち抜いたのに、ショック)


120816b
タイトルにも出てくるので「扉」がたくさんあるような
最初の中心はそんなことをイメージしていました。

全体に私は、グリム童話寄りに思っていて
そのことが自分でも少し気になっていたのですが(話は現代劇なので…)
東京にいったときに帰り際に少し疑問のところを聞けまして、考え直すことにしました。

実際の絵では、扉のイメージがまたちょっと描きにくくて
(うまくいかないものですネ!)
描いては消し描いては消ししていたので、実際には扉を描くのはやめました。

イメージが固まるまでちょっと苦労したのですが、
出来上がってよかったです。
昨夜は脱力してしまいました…!!


公演は11月下旬でもう少し先ですが、
また、フライヤーをいただきましたらご案内します。

8月2日の、もりもり環境クラフト講座のときの、アンケートなどを送ってくださいました。
子ども達と一緒にできてよかったという感想が多かったです。

子どもが自分なりに工夫する姿を頼もしくみていた、という感想もあって、
ちょっとずつ自分で独自の工夫ができるところがある方が、良いのかなと思いました。
人の作品をみて、こんなやり方もあったんだと思う時間も、楽しいですよね
そんな部分を私ももっと考えよう!と思いました。
ありがとうございました。

来年は7月に斐川の女子大学さんで、透明トートを使ったサマーバッグ作りをするのですが、
絵を描くのを中心にすると難しいので、ポケットを色々つけて、
板の切り抜きや粘土、ビース、、みたいなものを使ってできるようなものを
今のところは考えております…
何か良いものが思い浮かぶと良いですが。。。

|

2012年8月 7日 (火)

なべしきプレート

先週はほとんど休んでいたのですが
昨日と今日は、木工室で、来月のイベント用の見本で
杉板を使った切り抜きを作りました。

くまとうし

組み立てがあるものは、準備の板カットがやっぱり大変なので
組み立てがないもので、また、できれば板1枚くらいで
準備がすむようなもので、皆さんで何が良いか考えたのですが
今のところ、糸のこを使った、なべしき(反ってしまいそうですが。。。)になりそうです。

切り抜き黒板のような感じで形を切り抜いて、
上にヒートンをつけて、焼きペンで少し絵を描いたりしてもらう、、と
考えていました。

実際にやってみると、
形を考えるのが難しく思いました。

焼きペンはあまり描きすぎない方が雰囲気があうようです。

形は、イメージが、みてすぐわかりやすいようなフォルムが、
杉板の雰囲気とあうような気がしました。
しかしわかっていてもなかなかできませんネ。。。

クマは手足のところを何度か失敗して、
立ち姿や、顔だけなど、切ってみたのですが
今日切った、この形にしました。

母はクマがいちばん好きといっていました。
隣の席の職員さんは、おばけが良いそうです。

この工作用の杉板には、真鍮のヒートンが意外と雰囲気がよく合い、
私は至るところに使っています(笑)


見本の画像に、家に持って帰ってから
うつしてみたのですが、なかなかどういう風だと
ほっこりとした雰囲気がでるのか。。。

部屋の壁だと、ちょっと、杉板くんの木目が
きつく感じるような。。。

せいぞろい

夕暮れになって少し薄暗くなってきてしまったのですが、
去年、てさげかばん型の木の時計をくっつけてうつした
丸太にまた、くっつけてみました。

庭からこの場所まで持って上がるのが大変でした^^;
しかしホースや草が。。。

120807l

いのししと、ふぐです。
120807k

最後に、離れの窓につるしてみた感じが
板の感じがほっこり感じるように思いました。

いのししとおばけ

しかし向こうに竹がみえてしまう。。。
向こう側に夏の100年杉みたいなのがぼんやりみえると良いですよね〜^^;

120807d_2

風が吹くたびにくるくるまわり、なかなかぴたっと
とまってくれませんでした。


木工室は今の時期アブが多く…板を切ったりしている途中でも
ブンブンとアブが目の前を駆け抜けます。
焼きペンをしているときに、右手がチクッとして、
手の甲にアブがいつのまにかとまっていました。
小型の、静かに音もなくやってきて、すぐ咬むタイプみたいです。

|

8月2日黒板作り/もりもり環境クラフト講座

ちょっと遅くなってしまいましたが、8月2日の様子をご紹介します。

120802

思ったよりお子さんが多かったです。
小さな釘などいれた皿をテーブルごとに配っていたので
心配なところもありましたが、無事に終わりました。

受け皿をとりつけるのに裏から釘を打つところは、
いざ始まると金づちの音で何が何だかなことになってしまいましたが、
お子さんの作業だと少し難しそうでもありましたが
杉で釘も入りやすかった・・・
とびでることもなく取付られました^^


チョーク
120802b

黒板消し
120802c
このぞうは、体操をみながら切り抜いていました。


このたびは、作業の時間が1時間半だったのですが、
絵を描いたりする時間は、あまり残っていなくて、
最後は駆け足になってしまいました。

120802f

チョークで男の子が花火を描いていました。
黒板消しもあっという間に紫色になっていました!
120802h


120802j

15分位、長引いてしまいましたが、一応、
黒板消しも皆さん出来上がって
終わることができました。ありがとうございました。


|

2012年8月 2日 (木)

龍頭が滝

今日はJA雲南女子大学さんでの、手作り黒板の日なのですが、
準備がぎりぎりになってしまいましたが、
切り抜きが終わりまして、ちょっと一休みで部屋に戻ってきました。

黒板消しはぞうの形で飾りは葉っぱセットで全部切ったのですが、
ぞうの形はちょっとガタガタしたのもできてしまいましたが
ゆるしてください。。。
オリンピックもずっとつけていました^^;

あとは、少し着いてから、作業をしているかもしれません。。^^;
忘れ物をしないようにしなければ。。。


一昨日、東京から帰ってきたのですが、
家もやっぱり、暑いですね・・・日差しがきつい・・・

家の中も、昼間は扇風機だけだと
2階にはいられない感じです。

パプリカの収穫で、居間には父のパプリカが
ごろごろ転がっています。


友人にと思い、くまの絵がかわいくて買ってしまった、もなかです。
自分であんこをつめて食べるようです。熊のイラストが可愛いんです・・・
昨日は持っていくのを忘れてしまったので、また来週・・・

120731o


昨日は、龍頭が滝をみにいってきました。
次のふれあい雲南に描こうと思っていました。

あまりよく調べてなくて、最初、滝の上駐車場の方に向かっていったのですが、
階段が壊れていて通れないので、滝の下駐車場からしか行けないと看板がでていました。

滝の下からの道が一般的なようです。

そのまま、階段横の細い細いうねうね道の林道を、滝の下駐車場まで、車で進んでみたのですが、
約2キロとありましたが、とっっっても長く感じました^^;
だんだん不安になってどこまで下りていくんだろうと思った頃に
下の大きな道に合流しまして、滝の下駐車場へ着くと、車が何台もとまっていてほっとしました。

滝の入り口です。
120731a

みあげると、ハウチワカエデの葉っぱ。。。。下からみても葉っぱは大きいです~
120731b

下の道を進むと雌滝へいきます。この曲がった幹はハウチワカエデ
120731c

橋をわたって杉の木の間の、階段をのぼっていきます。
大きな杉の木がありました。
日陰になっていて少し涼しいです。
120731d

この階段の脇には、クサアジサイがたくさん咲いていました。
120731k

ウリノキ
120731n


急に滝がみえました。
大きな岩窟もみえます。
ずっと雨が降っていないので水量は少なかったのかもしれませんが
そのせいか、何か穏やかな雰囲気で、心地よかったです。
高いところから白く糸が静かにふってくるような雰囲気が、綺麗でした。

子ども達が遊んでいました。
120731e


左側に岩窟の中へいく階段がありました。
120731i

滝の裏側にいけます
120731h

岩窟の中は、石が積んでありました。
しぶきがとんできたり、
上から水が漏れてきているところもありました。

120731f


ウワバミソウもたくさんです
120731g
ウワバミというのは大蛇のことだそうで、大蛇が住んでいそうなところに
生えているという名前とか・・・確かにオロチが住んでいそうなところです^^;

120731l

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »